TOP > それができれば最強ですね。
--年--月--日(--) --時--分
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年04月01日(日) 23時26分
吹奏楽ではフレンチホルンを吹いてます。
ブラスバンドではテナーホルンを吹いてます。

そういや、フリューゲルホルンもホルンって言うよね。
ホルン吹きなら多分これも吹けるんじゃねーの?
だって、吹きたいし。
えーーい! 買っちゃえ!

で、この春から三足の草鞋を履くことになったホルンマスター、ガンガー王子です。
こちらのカテゴリでは、そんな勘違いホルン吹きが話題を提供してまいります。
どうぞよろしくお願いします。



さて、フリューゲルの練習もようやく3日目を迎えました。
音は出るんですよ、高い音はまだうまく出せませんが。
正直言って、アランフェスぐらいならなんとかなるんです。

ただし、決定的に違うのは、音色です。
ひどく攻撃的になってしまっているのです。

「楽器がガンガー王子さんに負けてますね~」

と言われました。俺もそう思います。
もっとソフトに吹けばいいんですよねぇ。
どなたか近くで手本を見せて欲しいです。
マッピの音でいいから聞かせて欲しいです。

先輩奏者である後輩からマッピを貸してもらいました。
これをつけると、滑らかなすごくいい音が出るようになりました。
どうやら使ってるマッピが浅すぎるらしいですね。

指と出た音が合っている、そんなのは小学生だってできます。
常に理想とする音をイメージして、その音に近づけれるように音を出す。
そんな簡単にはできませんが、それがやっぱりオトナですよね。

まずは自分が出したいと思う音を探さなきゃ!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://gmusic.blog97.fc2.com/tb.php/6-57cc5ab3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。