TOP > MIDORI
--年--月--日(--) --時--分
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年11月04日(日) 18時29分
MIDORI
TCCBの定演でオーウェンが吹いてたのは、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲。
テンポもメロディーもなかなかいい曲だなぁと思い、オリジナルのCDを買いに出かけました。

こんばんは。ガンガー王子です。

CDショップで棚を眺めると、意外?にもいろんな方が演奏されたCDが置いてありました。普段あまり見に来ないコーナーだけに、どれにしようか悩む…

こんな時、皆さんはどうやって選んでいるんでしょう。

僕はとりあえずは値段が安くていい演奏を聴ければいいなぁと思って選んでます。

でもいい演奏かどうかなんて、聞いてみなきゃわかんないもんね。

それで、こういうときは大概まずオケを見て有名なオケを選んで、そしてオケの特徴から選びます。

ベルリンフィル・ウィーンフィル・シカゴ・ボストン・クリ管とかね。あと、忘れちゃならないN響。
弦が良いとか金管がうまいとか、丁寧だとか派手だとか、アツイとかバランスが取れてるとかetc.

それから、指揮者かなー。
小澤さんが作る音楽は好みです。

そして、協奏曲の場合はやっぱり誰が演奏してるかってことだよね。

今回は、最初は1,000円でボストン・小澤ってのがあったので、これにしよっかなーと思ってたんだ。
けど、もう少しよく探してみると、五嶋みどりのを発見。やっぱり日本人が作る音楽だからか、どっかかしら共感するんかねぇ。演奏もベルリンフィル。多分間違いないだろうなーっと思って決めました。
価格は2,500円だったけどねー。


さっそく車の中で聞いてみると、五嶋さんらしい音色、表現力で、とっても楽しい音楽が聴けました。この人の演奏を聴くと、いつもなんか楽しくなってくるんですよね。きっとこんなに速いパッセージを弾く中でも、細かい変化と表現を付けてて、とっても魅力があって、聴いている人の気持ちが引き込まれちゃってるんだよね。買ってよかったー。


家に着いて、オーウェンが吹いているこの曲がもう一度聴きたくなり、DVDを見ることにしました。
改めて見ると、このヒト(オーウェンくんね)すごいっすよね!

てかね、速いって!

こんな曲、よくテナーホルンで吹けるなぁと感心しちゃいました。
なんでこんなにラク~に吹けるのか不思議ですよ。難しい曲に聞こえないもん。あれっ、もしかして僕にもできる?ぐらいの。(実際はできんけどね)



というわけで今回は、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲はなかなかいい曲ですよー。という紹介でござーした(^-^)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://gmusic.blog97.fc2.com/tb.php/47-39d3a5a6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。