TOP > 懐古、そして…
--年--月--日(--) --時--分
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年08月25日(土) 02時52分
懐古、そして…
サチルです。

最近、CDやらMDを整頓し…ようと、持ってるものを広げてみたところ、あるものを見つけました。

わたしが(おそらく)19歳当時、大学時代のアンサンブルコンサートの音源…!( ̄∇ ̄;)

わたしの通っていた大学は、単科大学でした。
総合大学で人がいっぱいいるわけでも、楽器をやってる人が多い学校でもないので、どんなに人が集まってきても編成が大きめのアンサンブルが組めるのが精一杯。
このコンサートのときは、先生含めて金管6重奏を組むのがやっとで、しかもホルンがいないのでホルンパートはユーフォが吹いてるというちょっぴり大変な編成でした。

アンサンブルでコンサートの時間をもたせる、しかもほとんど降り番なし…なのは大変。
創部3年目だし、初めてのコンサートで、何もかもが未経験でわからない。
そこで、交流のあった室内管弦楽団と合同でコンサートを行うことに。

そんな感じのジョイントコンサート。
1部はわたしたちの部活、2部は室内管弦楽団の後ふたつの部合同での演奏です。
アンサンブルメンバーは、全員中学高校と楽器の経験はあったけれど、それでもまだまだアンサンブルを作るのには慣れてない。
室内管弦楽団は、こちらもそんな人数がいるわけでもなく、ほとんどが初心者。

そんなんなので、演奏はまぁ…^^;

それでも、演奏会自体は、アナウンスも独特の雰囲気だし、休憩時間にワインが飲めてパンが食べれるようになってて、チャリティーにも参加してみたり、ちょっと変わった趣向でした。

決して恵まれた環境ではなかったけれど、そのときなりに一所懸命だったし、ここで楽器をやってきたことは今のわたしにすごく大きな影響を与えてたりして。

なんだか、懐かしくて、ちょっと新鮮な気持ちになりました(^―^)



当時のアンサンブルメンバーの半分以上は今でも楽器を続けています。
そして、続けてる人はみんなこのときよりうまくなってます。
みんな全国ばらばらだけど、何年かに1回は「アンサンブルやろーよ」って集まってくる。

次は何年後になるかわかんないけども、こりゃ負けてらんないよね!

そんなわけで…ってわけでもないけれども、しばらくお休みしてた楽器を再開しました(@^^)ゞ

楽器触ってなかったのが1ヵ月半とは思えないぐらい、唇はもちろん指も衰えてるんですが…。
呼吸の仕方忘れたのか、息もうまく入らないんですが…。

まぁ大変だけれども、がんばりたいと思います。

バンドのみなさま、またよろしくお願いします♪
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://gmusic.blog97.fc2.com/tb.php/41-b3fbd734
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。