TOP > 夏
--年--月--日(--) --時--分
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年08月05日(日) 10時05分
夏といえば甲子園。

でも、吹奏楽コンクールもそれに劣ることのない、夏の大イベントではないでしょうか。

こんにちは、ガンガー王子です。

他の部活の人には想像できないでしょうが、吹奏楽部って肉体的にも精神的にもかなりの体育会系ですよね。
練習はハード。朝練・昼練・夜練だし。
走るし、走らされるし、走らせるし。腹筋背筋とかもね。ドリル演奏の練習なんてのもあるし。
合奏中に怒声が飛ぶことなんてザラだし、殴られることもあるだろうし。指揮棒や楽器が飛んでくる、飛ばされることもあるし。
指揮者がやってられっか!って帰ってしまったり、先輩から正座させられての説教もあるし。
そもそも、部員全員がステージに出れるわけじゃないってことを知らない人もいるでしょうね。だから仲がいいだけでもないし駆け引きもあるし。
そして、コンクールの賞如何で、いろんな思いが詰まった涙もみるし。もちろん笑顔もね。

事情を知っている者としては、吹奏楽部は野球部やサッカー部と肩を並べることができるくらいのアツい体育会系だと感じます。



先週の日曜は、わが団も全日本吹奏楽コンクール県大会(一般の部)に出場してまいりました。

出演待ち時に舞台袖で聞いていた自分達の前の団体は金賞・代表。
自分達は金賞。

…自分で客席から2つの演奏を聞き比べることができたらいいのに、って思います。審査員から評価していただいた、その平均5点差は何なんだろう。

音楽って何?っていうスパイラルに落ち込んでいきそうです。



今年もコンクールの終わりとともに、夏が終わります。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://gmusic.blog97.fc2.com/tb.php/35-a079b325
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。