TOP > ひさびさの投稿でございます。
--年--月--日(--) --時--分
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年08月01日(水) 19時09分
わたくし、山梨県にある、某大学に通っていました。
大学でもコンクールには出ていました。
山梨は(新潟ともどもなぜか)西関東に所属しています。
うっかり西関東大会にコマをすすめることができたとしても、
アンコンだろーがコンクールだろーが、埼玉県にはかなわなかったです(苦笑)。
ちなみにわたしが在学中は西関東大会には1回も出たことありません(血涙)。


山梨県も、地区大会ナシで、8月第1週めに全部門県大会でした。
人口は富山県より少ないので、いいのかなって気もします。
でも結果発表は部門ごとではなく、1日ごとなので、
帰るのは、あたりがすっかり暗くなってからでした。




で、コンクールに燃える若者たちが、
金と銀を聞き間違えてぬか喜びしないように工夫されていたのが、アルファベットの前置きです。
たとえば・・・
「甲府市立○○中学校、A 金賞」
「韮崎市立○○中学校、B 銀賞」
というような発表の仕方です。
「C 銅賞」で、タイムオーバーとは別に「奨励賞」なんてのもありました。




なんの前置きかというと、
銀賞の称号をいただいたのですねえ・・・ひさしぶりに。
つまり、「B」なわけです・・・はぁあ・・・こじつけ。




でもまあ、最近とても印象に残ったので。


銀賞は過去に6回もらいました。
中学2年のアンコン
高校1、2年のコンクール
高校1年のアンコン
大学2、4年のコンクール
でした。


賞の色はいっしょでも、それぞれ考えていたことって
今ふりかえってみると、ぜんぜん違いますね。


「うあー!銀賞なんてとっちゃったよ!」
「はぁあ・・・また銀賞か・・・」
「え、さっきの演奏で銀賞でよかったのかな・・・」
「うーん・・・この学校の歴史に泥を塗っちゃったな・・・」



じゃあ今回は?



別に・・・
何も・・・



場数を踏むことはレベルアップにつながるのかもしれないけど、
数を争うわけじゃなくて、
過ごした時間の密度だなあ・・・。
こないだ福井にお手伝いにいったときは、
短期間ながらも、とても良い時間を過ごすことができたと思うので。

そして、
大人になってからも、いろんなことをめいっぱい感じたいなと思ったのでした。



せめて、自分の心には正直に・・・。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://gmusic.blog97.fc2.com/tb.php/34-7f165acf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。