TOP > タクトが醸し出す雰囲気
--年--月--日(--) --時--分
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年06月24日(日) 12時58分
昨日は吹奏楽の練習日。
フレンチホルンの練習をダラダラとサボってたおかげで、「モワーン・ギャリーン・ファソラ♭シ♯ドワッ」って感じのひどい音出しから始まりました・・・。
こりゃやばいなぁと思いましたが、30分でやわやわと勘を取り戻し、練習にこぎつけることができました。こんにちはガンガー王子です。

コンクールに向けての練習が密度を増しペースアップしてきましたね。
各種雑誌でも、あーだ・こーだ・ふぇるまーたと吹き方講座が繰り広げられたり、プロ楽団による課題曲特集演奏会・講習会など様々な催し物が開かれてますね。

んー、夏ですなー。

昨日はうちのバンドも指導者を呼んでのコンクール練習となりました。
来ていただいたのは、東京佼成ウインドオーケストラの副指揮者である稲垣さん。団員の多くを占める洗足閥の同期生だそうです。

思えば、プロの「指揮者」に振ってもらって演奏するのは、ワタクシ初めてです。プロの作曲家や演奏家になら何度でもありますが、指揮者はなかったですね。

まぁ、これもあって今回久しぶりに練習に参加してきたわけです。
行きたくないなぁ、めんどくさいなぁと思ってましたが、今日行かなきゃずっと行かなくなっちゃうと思って。
それだけでなく、プロの音楽センスをいっぱい盗んでやる☆キラーン、って思惑がありましたからね。ガン見でした。

結果は行ってよかった!すごく楽しかった。
毎回あんな雰囲気で練習できればいいのになー。

練習は緊張感と親近感がある中で、課題曲・自由曲とサクサク要領よく進み、機密事項もちょっぴり教えてもらったりしつつ、結果としてすごく音がよくなりました。どうやら初めて自由曲が通ったようです。音楽が形になってきました。さすがですわ。感謝しますわ。

うちの指揮者も音楽でメシを食ってる人な訳ですが、やっぱ本職は違いますねー。



では一体ナニが違うのん?



○タクトで楽団を操る術がすごい。
当然のことだが。指揮者は自分では音を出さず、バンドから音を引き出すことで音楽をするわけだ。その技術がバツグンに上手い。
特に、何もないところから音を生み出す力が全く違う。同様に音楽の変わり目でのイメージ力が全く違う。
音楽を止めずにスムーズに音を流す、フレーズの作り方や息の流れなど、音を充実させる振り方が違う。


逆に言えば、音に合わせて棒を動かしてるだけってのは論外ってことだわね。それに、音符が示すイメージをバカ正直に描いてては、中学生の演奏になるってことだわね。
そして、メンバーも指揮者への集中力が高まってますから、音に活気がでてくるし、音楽の鼓動が聞こえそうになりますね。自分達が上手くなっていくことを体感しながらですから、楽しいし、より集中して相乗効果で音が良くなっていくんだね。無駄な動きがないし、見ていて飽きないもんね。



○もっている音楽センスがすごい。
理論的に音楽を作っている。
曲を作るために楽譜が持つ指示・音の吹き方を適確に伝えられる。
指示が音楽理論に裏付けされているから、実に音が鮮明になる。
そして演奏者が理解しだすと、だんだんと音がリンクしていき、骨格の太い重厚な、ひとつの楽曲ができあがる。


どこぞのプロバンドでこう吹いてるから、などといった物真似ではなく、自分で曲を研究し理解し、論理的に音を構築しているんですよね。多分質問しても曖昧な答えは返ってこないと思う。すごく理路整然としてるもん。だから、絶対にゆるぎないし、奏者から見ててもすごく頼りがいがあるんですよね。

そしてそのためのタクトが良いから、さらに音が良くなっていくんだろうな。



まぁ何せ振るたびに音がクリアになっていって、アンサンブルしやすくなるし、音楽が立体的になっていきました。
どのパートが、誰が、どんな役割を担っているのかが聞き取れるようになりましたもん。
この感覚を忘れずに練習できればいいんですけどね。

だって、あの場で作った音楽は稲垣さんのものなんだもんな。実際にコンクールで振るのはうちの指揮者だし。結局指揮者の音楽性が量られるんでしょうね。奏者はできることだけをやるのみさ。



さてさて、今年の課題曲はマーチです。
うちらホルンの役割は…

いつもどおり、もちろん後打ちです♪

稲垣さんの指導でもやはりまずは「前打ち・後打ち・パーカッション」の御三家の練習でしたね。うちらが基本、ベースなんだってことを改めて実感しました。当たり前なんですがそうなんですよね。
リズムとかタイミングとかハーモニーとかはもちろんですが、それよりも、調性の持ち味や、意味のあるリンクの仕方を作る音色。土台がメロディーを踊らせるんだってこと。いっぱいいい音楽を教えてもらいましたし、自分自身、今までとは少し違った、レベルアップした演奏ができそうです。

県大会まであと1ヶ月です!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://gmusic.blog97.fc2.com/tb.php/32-d2a70fac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。