TOP > ぶらりコンサートへ
--年--月--日(--) --時--分
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年05月15日(火) 00時28分
ぶらりコンサートへ
サチルです。

日曜日、VIVID BRASS TOKYO のコンサートへ行ってきました!



東京までJRと私鉄乗り換えで約3時間、会場に着いた開演45分ぐらい前にはもう長蛇の列になってました…。

プログラムは、こんな感じー。



えぇと、プログラムを小さいカバンに入れて持って帰ってきたので、曲がってるのはご勘弁を^^;

1曲目の「コンサート・プレリュード」の後半や、後半1曲目の「パイレーツ・オブ・カリビアン」は、特にブラスバンドのサウンドのあたたかさというか厚みがすごく感じられて。
「パイレーツ・オブ・カリビアン」は、最近よく吹奏楽で聴いたのもあって、ブラスバンドだとまた印象が違って、やってみたいなぁと思いました。
チューバソロは、胸がきゅぅんってなる音でステキでした。
一部、ユーフォみたい…って思ったので、どの音まで出てたのかわかんなかったけど、かなりの高音だったんだと思います^^;

んで、本邦初演となる「宇宙の音楽」です!

知らない曲のはずだったんですが…。

…わたし、これ、聴いたことありました。

えぇと、これは、まず間違いなく、

1. ゆ~きさんちの飲み会でチャンピオンシップのDVDが流れてた
2. ナカムラさんの車ン中で聴かせてもらった

のどっちか…いや、両方か?…だと思いました(笑)。

知ってた曲だったので、イメージが違うところはありましたが、せまってくるサウンドの感じがよかったです。

「宇宙の音楽」ってタイトル、ピタゴラスの唱えた理論に由来するそうで。
音の振動数の法則はピタゴラスが発見したものですが、天体も同じ法則に支配されてるんだとか。
当時知られてた6つの惑星は太陽からの距離に応じた個別の音を発していて、一緒に鳴り響くカタチで天体の音楽を織り成す…とかとか。
そんなヒトの耳では聴けないようなオトがタイトルになってる曲ってなんかロマンチックだなぁ。

この日、けっこうな寝不足で演奏会聴きに行ったんですが、目は冴えっぱなしでした。
あぁ、ブラスバンドっていいね。


ちなみに、このコンサートでは、「休憩時間にCDを買えば、スパークさんが曲を書いてくれる権利」を抽選でもれなく1名にプレゼント(笑)という企画をやってました。
休憩時間になって、CDおもしろそうだったら買おうかなとロビーに出たわけですが、すでにここも長蛇の列。
あきらめて席に戻りました。
後半開始ぎりぎりになって、休憩開始とともに席を立ち、わたしより数十秒早く出て行った隣に座ってた女の子が戻ってきて、友達に「売り切れて、残ってた1枚だった!」って話してたので、もし並んでても間に合わなかったようです。
んー、残念…。

でも、久しぶりのぶらり東京ひとり歩きと初ひとり私鉄乗り換え、なかなかおもしろかったです。

次のコンサートを聴きに行こう企画予定は、6月9日のゲストがテナーホーン奏者の演奏会。
クズキンさんはちょっと行けなさそうです…。
ちょいと遠いとは思いますが、来られる際はぜひご一緒しませう、ガンガー王子さん(笑)。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://gmusic.blog97.fc2.com/tb.php/24-6464e821
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。