TOP > 想い
--年--月--日(--) --時--分
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年04月22日(日) 23時58分
想い
このブログを見て、早速あるCDを買っちゃいました。こんばんは、ガンガー王子です。

買ったのは、「Essential Dyke Volume Ⅶ」です。やっぱブラックダイクすごいねー。
一番の印象に残った曲、というか、このCDを買う原動力になったのは、Riverdanceです。友人の家で2006年のヨーロピアン・ブラス・バンド・コンテストのDVDを見せてもらい、ブラックダイクがこの曲を演奏したんだってようやく知ったのです。CDで手軽に聴けないかなーって思ってたところなんです。調度よかったな。
スピード感があって、テキパキ・きびきびとした演奏、そして特に装飾音符の付け方が気に入りました。ほんとかっこいい曲ですよねー。しばらく通勤の車の中で聞きまくろうと思います。



私が生まれて初めて聴いたリバーダンスの演奏は、金沢大学吹奏楽団(金管)のものでした。この時はメロディーよりも指揮者の七拍子の振り方にインパクトがあってよく覚えているんですが。
金管だけで速いパッセージを吹きこなし、おまけになんか変拍子の面白いかっこいい曲やってるなーって、舞台袖でため息つきながら見ていた覚えがあります。

その後、ブラスバンドやオーケストラのCDを買っては楽しみに聴きました。中にはもちろん、あのヨークシャー・ビルディング・ソサエティ・バンドのCDもありました。今でもよく聞きますが、すごいなー、かっこいいなー、よく指がまわるなーってゾクゾクしましたね。ブラスバンドの曲なんて、全然知らないし、覚えられないから、CDを買うときはリバーダンスの入ってる物に真っ先に目が行ったものです。

生演奏に次に出会ったのが2001年の全日本吹奏楽コンクール富山県大会、吉江中の演奏。
この頃にはブラスバンドをやっている私たちにとって、知らない人はいない有名な曲になっていました。それを中学生が吹奏楽で演奏するということで、非常に興味があり、珍しく会場へ聴きに行きました。彼らは圧倒的な上手さで県大会を通過し全国金まで駆け上ったのはご存知の通り。当時、吹奏楽界でどれほどの人がこの曲を知っていたでしょうね。この曲のその後の人気に火をつけたのも彼らが一役かってるんじゃないかな。
一緒に聞いていた先輩と、あれはなかなか真似できないなぁ、と寒気を覚えたものです。

さて、自分たちで初めて演奏したとなると、記録によれば、もっと後の2003年となってます。
楽譜が配られるまでは、あんな曲できるのかなぁって不安でした。でも、テナーホルンの楽譜を見て、ホッとした反面、正直なところ、ちょっぴりがっかりしたと思います。やるからにはあのメロディーを吹きたかったのですが、担当の1stにはメロディーらしきものはありません。
soloにいたっては高い音を伸ばすだけで、これはキツくて大変だろうなぁ、と他人事に感じてました。(ごめんなさい。。。)
そのせいもあって、あんまり演奏自体の記憶はないんです。
どーだったんだろうね。

まぁ、いつの日かまた演奏してみたいし、フリューゲルでもこの曲に挑戦してみたいって思います★



さて、私が所属するバンドでは、その後2005年にリバーダンスをもう一度演奏しているようです。その時私は県外で勤務していたため、演奏には参加していないのですが、昨日その録音を聴くことができました。

感想は…。うーん。途中で停止ボタンでした。。。



…自分が演奏した2003年の演奏、ほんとどうだったんだろう。
残ってたら反省の意味で聞いてみたい。。。

好きな曲を演奏するのが一番難しいですね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://gmusic.blog97.fc2.com/tb.php/20-1715bf8f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。