TOP > 四足目の妄想
--年--月--日(--) --時--分
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年04月16日(月) 00時36分
四足目の妄想
福井にて。


「イングリッシュホルンもホルンだよね☆」


友達の一言でひじょーに心が揺れたガンガー王子です。

とりあえずネットで値段を調べると…うわっ、たっかーい!!すごーい! でもまぁ、そもそも絶対吹けるはずがありませんし、買う気は全くありませんよん。

さて、週末はQCANの合奏に参加してきました。
フリューゲルとして初めての合奏でした。楽しかったです。

フリューゲルの難しいところは、音量と音色にあるんじゃないかな。
フレンチやテナーみたいに吹き込んじゃうと、すぐはじけちゃう。
ふわっとみんなに乗っかり、そっとみんなを支え、おいしいところをソフトに吹く。それで十分みたいです。

指はわかっても、まだアンブシュアがわからず、音色も硬くていまいちなんです。すぐバテるし、特に高音域になると、音を出すので精一杯だから、音が荒れてひどいです。

少しずつ改善していかなきゃなー。

それにしてもこのパートはソロが多い!
俺が音をださなきゃ音楽が止まってしまうところが何ヶ所も…。
長いソロもたくさん。これはやばい!
それでも、初心者であるにもかかわらず、俺を信頼してメロディーを任せてくれてるんだし、何とか応えなきゃね。がんばります。

帰り際、「やっぱりテナーホルンの方が似合ってますよ~」といわれ、俺自身グラっと気持ちがゆれちゃいました。テナーホルンもやっぱりおいしい仕事してますもん。

今度会うときには「フリューゲルも似合ってますね~」と言われるように、練習に励もうと思いました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://gmusic.blog97.fc2.com/tb.php/18-b7e08769
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。