TOP > TANTO
--年--月--日(--) --時--分
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年04月12日(木) 02時16分
TANTO
サチルです。

うまくは乗っかれませんが、ゆ~きさんと同じ演奏会を聞きに行ってきたので、わたしもちょっと記録。

実家離れて数ヶ月なので、異国情緒というわけではないかもしれないけれど、まだまだ異国初心者です(笑)。

わたしも遅れて到着したわけですが、まずいちばんに目をひいたのは、隊形。
フリューゲルホルンがプリンシパルの向かいにいて、テナーホーンがその隣、バリトン、ユーフォが客席から見て正面の方にいるカタチです。

以前、某バンドさんにフリューゲルホルンでお手伝いに行ったときは、ソロコルの横に座った記憶があります。
プリンシパルの席に座ってるのに慣れてた耳と体には、周り中が音に囲まれるのが不思議で。
ちょっと戸惑ってしまって、慣れるのに少し時間がかかりました。

音の感じ方が違えば、出す音にもそれが影響するはず。
こんなカタチになれば、どういう風に音楽が変わるのかなぁなんてぼんやり考えながら聴いてました。

演奏は、意思が伝わってきてよかったなぁと思います。
自分がこうしたいと思って吹いても、客席にはなかなか伝わらないなぁと最近ずっと感じてたところ。
それを表すのってすごく難しい。
ステキな演奏会でした。


演奏会終わって。
外から先生を呼んでって練習だったわたしは、ゆ~きさんに送ってもらい、電車に飛び乗る。
ゆ~きさん、ありがとうございました!
それでも、接続のいい電車には乗り遅れ、バスも30分近くなく…で、練習場所についたのは、後半も中盤に差し掛かった頃。
集中力はイマイチでしたが、演奏聞いて刺激されてきたんで、こういう日に楽器吹くのっていいかも。


練習終わっておなかもすいて。

…もしかして、ナカムラさんと同じ頃かな?

わたしもラーメンしてました(笑)。

しかも、石焼ラーメン!

Image085_t.jpg

熱くなった石の器に麺と野菜が入って、横にはつゆが。
店員さんがそれを石の器に入れてくれます。

噴火してるみたいに飛び跳ねるので、この紙で自分をガード。

Image088_t.jpg

味噌がおいしいってことだったので、迷わず味噌。

おいしかったです。

が、すっごいおなかいっぱいになりました…。

これ、次行ったとき、食べきる自信ないです…。


翌日、現在の所属バンドの団員さんが出演されるということで、また埼玉へ。

今度は吹奏楽のコンサート。
吹奏楽って久しぶりだなぁと思いながら楽しんできました。

わたしは、演奏を聴くとき、和音がどうだとかバランスがどうだとか…あんまりそんな難しいこと考えて聴きません。
ここの響きが胸にきゅんときたとか、ここで出てきたこの音が好きとか、歌い方がステキとか、そんな感覚で聴いてます。

この日聴いた音楽は、フレーズの切れ目の響きがすごく心に響く演奏でした。
こういうの聴くと楽器吹きたくなります。

ちなみに、この演奏会のアンコールは、ディズニーのメドレーに「旅立ちの日に」に、で、なんだかひとりにやりとしてしまいました。


というわけで、演奏会に行ってきましたなんて、やっと楽器やってる人みたいな記事になりました(笑)。


なにやら新番組らしいですが、日テレで「タントクラシック」って深夜番組を聴きながら書いてます。
1曲目が、バーンスタインのシンフォニック・ダンス。
すごく大好きな曲です。

練習から帰ってきたとこだけど…

あー、楽器が吹きたい。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://gmusic.blog97.fc2.com/tb.php/15-48ab7a62
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。